平沢進・公式サイト Susumu Hirasawa Official Web Site

SPECIAL CONTENTS

ライブ情報

ライブ「回=回」

回=回

第6フォルマント

第9曼荼羅

HYBRID PHONON DVD

Ash Crow - 平沢進 ベルセルク サウンドトラック集

百足らず様が通る

ホログラムを登る男

太陽系亜種音・新パッケージ版

HALDYN DOME SUSUMU HIRASAWA 20世紀+BOX

日本語 English

平沢進ディスコグラフィー

平沢進 オリジナルアルバム Sim City

Sim City

1995年8月2日発売
ポリドール(現・ユニバーサルミュージック)
POCH-1510

初めて訪れたタイ王国およびそこで出会ったSP-2(後天的に性アイデンティティを獲得した女性)たちから受けたカルチャー・ショックによって生まれた記念碑的作品。
タイに触発された世界観やSP-2が体現する元型像は、現在に至るまで平沢進の活動に決定的な影響を与えることとなる。
タイトルはバンコクの街並みに対する「シミュレートされた都市」という発想からで、無意識の領域が仮想空間としてのバンコクへ持ち込まれている。
制作当初は前作『AURORA』の延長線上にあるサウンドで「月の裏側」をテーマにした作品にする予定で曲作りを進めていたため、結果的に従来の作風とアジアン・サウンドの平沢的解釈が混在するヴァラエティ豊かなアルバムとなった。


  1. Recall
  2. Archetype Engine
  3. Lotus
  4. Kingdom
  5. Echoes
  6. Sim City
  7. 月の影
  8. 環太平洋擬装網
  9. Colony
  10. Caravan
  11. Prologue

平沢進 オリジナルアルバム 一覧ページへ戻る