胸躍る

昨日、自由報道協会(仮名=有志の独立ジャーナリストの集まり)主催による小沢一郎会見のストリーミング放送という現象を目撃した。80年代の「ニューウエーブ到来」以上に胸躍った。音楽はとっくに死んでいる。フリー・ジャーナリストはまだ生きている。

“胸躍る” への 4 件の書き込み

  1. 音楽は今もいきていますお[color=66FFCC]⊂(`・ω・´)⊃[/color]

    1. 虚のエントロピーが巨大化するばかりの今日この頃において、
      かような反作用のネゲントロピーが発生しているとは。
      自ら率先して飼い慣らされることが安楽となる時流の中、
      野生なるタマシイの発露をみる思いがします。

    2. 小沢一郎氏に対するマスコミの悪意には前々から私も驚いていました。こんなことが日本の社会でおきていいのかしら、と。政治的に彼を擁護しているわけではなく、マスコミすべてがこぞって彼を批判して、国民の意識を反小沢に向かせる洗脳のようなものが感じられたからです。フリーの方たちだからこそできる「まともな」情報の発信に期待したいです。(正しいかそうでないかは別として、考え自分で選べる情報の発信、という面で)

コメントは停止中です。