【9月】目撃報告 #135

09-135駅のホームの壁を覆っていたタイルがまるごと足りなくなり
タイルの後ろに眠っていたプレートやはしごが露出しておりました。
その存在感は凄まじく、神田の裏の顔を見てしまった気分です。
タイルと共に公共施設の安心感も足りなくなってしまったようですが
貴重な物を見せていただいてハッピーです。
これはまさしく百足らず様のお陰ではないでしょうか。

「足らず講釈要求」の受付は、終了しました

足らず講釈要求数 163